≪ 前の月 2018年10月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新入生保護者説明会
10月5日(金)
本日、新入生保護者説明会を行いました。

雨の中、たくさんの保護者の方にご参加いただきありがとうございました。

写真は、生徒会役員が、田端中学校の行事を説明している場面です。




| 21:06 | 学校からのお知らせ |
制服リサイクル
10月5日(金)
PTA主催で制服リサイクルが行われました。

多くの方が見に来ておりました。






| 20:54 | 学校からのお知らせ |
3学年 学活
3学年の学年集会後には,教室にて学活が行われました。

担任の先生よりこの前期を振り返り,良かった点や今後の課題などについて話がありました。

その後,生徒一人一人へ担任の先生から通知表が配付されました。




| 17:28 | 学校からのお知らせ |
3学年 学年集会
3学年集会が終業式後に行われました。

一学期を振り返り全体の良かった点や今後の課題について話があった後には、残り半年で義務教育が終わることについても触れて個人としてではなく集団として生活して行くことの大切さなどについて話がありました。






| 17:26 | 学校からのお知らせ |
校長先生のお話 先言後礼
先言後礼(せんげんごれい)

 今日は挨拶についてお話をします。「先言後礼」という言葉があります。
 何と読むか分かりますか。「せんげんごれい」と読みます。意味は、先に言って後で礼をすることです。
 やってみます。「おはようございます」と言った後で「礼」をします。
 今度は、普通の挨拶の仕方です。「おはようございます」と礼を同時にします。「おはようございます」
 二つの挨拶の仕方を比べて、どちらが相手に気持ちがよく伝わると思いましたか。実際に見てみると、はっきりと違いがあることが分かります。「先言後礼」のほうが、相手に気持ちが伝わるワンランク上の美しい挨拶です。その場の空気が引き締まり、相手に気持ちがとても伝わります。
 さて、いつも「先言後礼」をしなさい・・と言っているわけではありません。けれども、中学生として、時・場面・場合に応じて挨拶の仕方を考え、実行することも大切です。
 12月には、周年行事を控えています。大勢のお客様が田端中学校においでになります。田端中学校の生徒として、気持ちの良い挨拶と態度をお願いいたします。

 今後、文化発表会、オープンスクール、周年行事とたくさんの行事が控えています。部活動も新人戦が始まり、学習面も、内容面で徐々に難しくなってきます。それぞれの行事などを「成功」させることは大切なことですが、「成功」の反対は何だと思いますか。「失敗」だと考えている人が多いと思いますが、「失敗」で終わってしまうと、その先には何もありません。「失敗」しないで大人になった人はいないはずです。「失敗」しても、次へのチャレンジがあるから進歩があると思います。
 そういう意味で「成功」の反対は「何もしないこと」だと思います。「失敗」しても、それで終わりにしないで、何がいけなかったのか、どうすればよかったのかを考えて、次へ向けてチャレンジをしてください。
 皆さんは、これからの学校生活では、何に力を注ぎますか。学習でも、部活動でも行事でも、失敗を恐れず、さまざまなことにチャレンジをしてください。

 さて、学校は折り返し点を過ぎ、後半戦に入ります。この後、担任の先生から通知表が渡されると思いますが、内容に一喜一憂するだけではなく、所見をしっかりと読んでください。私も一通り目を通しましたが、どの所見も、皆さんのことをしっかりと見つめ、的確なアドバイスが書かれているのではないかと思います。また、通知表の評価・評定は、どうしても「5」だとか「3」だとか数字だけを気にしてしまいますが、数字には大きな意味がありますね。その評定は、自分が努力した結果が反映されているのか、努力してもまだまだ足りなかったのか、前回に比べてどうだったのかを確認して、次へのステップにする必要があります。そのときに参考になるのが、観点ごとの「A・B・C」です。自分はどの観点が弱いのかを確認して、ぜひ後期に生かしてください。しかし、学習は、努力した結果がすぐに表れるほど甘いものではありません。でも、その過程は必ず自分の大きな力となります。焦らず、慌てず、侮らず。一歩一歩を大切に着実な積み重ねを大切にしてほしいと願っています。

| 15:48 | 学校からのお知らせ |
<<前の5件 | 1 | 2 | 次の5件>>
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ