≪ 前の月 2018年11月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

本日の給食
11月5日(月)

本日の給食は、チリビーンズドッグ、牛乳、野菜、フラン(メキシコ風プリン) です。

パンに挟んだチリビーンズは、夏休みの自由課題「世界の料理を作ってみよう」に応募してくれた3年生のレシピです。



| 13:21 | 学校生活から::本日の給食 |
11月5日 全校朝礼 校長講話 「共感する力」
 秋も深まり、過ごしやすい季節となりました。「実りの秋」とよくいいますが、皆さんもこれまでの生活・学習に一層磨きをかけて充実した学校生活を送り、それぞれの「実り」つまり目標達成に向けて、ギアをあげていく時期です。
 ところで、教室の後ろなどに貼ってありますが、年度当初に立てた今年度の目標は、どこまで達成できているでしょうか。個人・学級・学年の目標があると思いますが、具体的な目標とともに、その先の達成すべき目標があったと思います。時間的な面でいうと、この時期は、目標の半分以上は達成できていなければなりません。まだ不十分だという人は、少しずつピッチを上げていく必要があります。
 一人一人の目標は違うと思いますが、全体として今日私がお話しするのは、「友達を大切にする」という目標をもってもらいたいということです。そのために必要なこと、それは、「共感する力」を身に付けることです。
 皆さんの隣にいる友達が、何かに悩んでいたり苦しんでいるとしたらどうしますか。助けてあげたいと思っても、私たちはその人の代わりにはなれません。実際は、その人の本当の悲しみや苦しみはわからないし、その人に代わって悩みや苦しみを解決してあげることはできません。
 私たちができることは、友達の怒りや悲しみ、嘆きや苦しみの気持ちに寄り添うことです。つまり「共感する力」があれば、友達の本当の思いに近づくことができます。そのために、少し意識をして「視たり」「聞いたり」「わかろうとする」ことが必要です。行き来をしていかなければ、表面的なことしか見えず、友達の真の思いに触れることはできません。明るくふるまっている友達も、自分勝手に行動する友達も、実は何か悩みを抱えているかもしれないのです。
 学校では、大きな行事が控えています。行事の成功に向けて活動していく中で、たくさんの友達と交流を深めてください。
 「共感する力」を磨き、困っている友達がいたら寄り添い、みんなが、より充実した学校生活を送れることを願っています。

 先日、東日本大震災で被害を受けた宮城、福島の先生のお話を聞く機会がありました。その時、被害にあわれた生徒たちの話の中で、「自分たちが生き抜いてきた意味を考える」という言葉が印象に残りました。「生きている」ではなく「生き抜いた」とおっしゃっていました。そして、自分たちは、当時お世話になった消防士や警察官、自衛官や看護師、医師を目指す子供が多くなった、と言います。必ずしも夢が叶わなかった生徒もいますが、「生き抜く」という言葉の重みを噛み締めてほしいと思っています。
| 11:54 | 学校からのお知らせ |
全校朝礼
11月5日(月)
本日、全校朝礼が行われました。

まずはじめに校長先生よりお話がありました。

続いて、昨日行われた卓球部の区大会の表彰とバトミントン部のブロック大会の表彰を行いました。

次に薬物乱用防止標語、ポスターの表彰を行いました。










| 09:50 | 学校からのお知らせ |
セブンヒルズスクール生徒 挨拶
11月5日(月)

職員打ち合わせの前に、セブンヒルズクールに北区派遣団の一員として向かう生徒たちが挨拶をしてくれました。

日本の伝統や外国の文化などについて学び一回り成長して帰ってきたいと力強いメッセージがありました。



| 09:20 | 学校からのお知らせ |
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ