≪ 前の月 2019年06月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

本日の給食
6月3日(月)

本日の給食は、黒糖パン、手作りピーチジャム、牛乳、シェパーズパイ、スコッチブロス です。

シェパーズパイは、イギリスの代表的な料理です。ひき肉の上に、パイ生地の代わりにマッシュポテトをかぶせて焼きました。


| 13:34 | 学校生活から::本日の給食 |
避難訓練 集団下校班の確認
今月の避難訓練として、地震が発生したという想定で避難訓練を行いました。

今回は集団下校班の確認として地域ごとに整列しました。

非常事態の際に速やかに自分の下校班になって下校できるようにしておきましょう。
最後に生活指導担当より田端中学校でのルールについて確認いたしました。






| 13:28 | 学校からのお知らせ |
全校朝礼 校長講話 授業時間と毎日の2時間20分
 皆さん、おはようございます。
 「光陰矢のごとし」という言葉がありますが、時間が過ぎるのは、本当に早いものです。このように話をしている間も、時間は過ぎているのですから、お互いに時間は大切にしたいものです。
 今日はそんな時間のお話をします。
 皆さんは、一年間、先生方から授業をどのくらいの時間受けているのかを考えたことがありますか。例えば、一年生は、国語は週に4時間、社会は3時間、数学は4時間あります。一週間の授業時間は、29時間。一年間では、1015時間となります。この時間は、全国どこの中学校でも同じです。 
 しかし、よく考えてみると、実質はこれより少ないのです。授業時間は50分ですから、「1015時間×50分=50750分」となります。
 一年間の授業時間を「分」で表すと50,750分になります。5万分というと、ものすごく多くの時間だと思うでしょうが、それは大間違いです。
 この時間を、1年365日で割ってみます。
 「50750分÷365日=約139分=約2時間20分」となります。
 仮に学校が一年間毎日あったとしたら、一日2時間20分の授業をすればよいことになります。8時に登校したら、11時には下校できるわけです。
 言い換えれば、家で毎日2時間20分の勉強をすれば、学校の授業時間と同じになります。授業と同じ時間だけ、家で勉強すれば、さらに力が付くのは当たり前です。
 けれども、その時間を勉強に使わず、ネットやゲームに使ってしまう人がいます。ネットやゲームをするなというのではなく、時間を決めてバランスよく対応することが大切です。
 もうすぐ定期テストです。ぜひ、時間を有効に使ってほしいと思います。
| 13:27 | 学校からのお知らせ |
全校朝礼 
全校朝礼が行われました。

校長先生の話の後に先日の運動会について表彰を行いました。

最後には運動会実行委員長より運動会に関してお礼の言葉がありました。








| 13:26 | 学校からのお知らせ |
集団下校訓練班確認
6月3日 朝礼後に集団下校訓練の班の
確認を行いました
それぞれ地区ごとに分かれて確認をしました
9月には 実際に下校訓練を行う予定です






| 08:49 | 学校からのお知らせ::学校からのお知らせ |
<<前の5件 | 1 | 2 | 次の5件>>
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ