≪ 前の月 2020年02月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

合唱コンクール クラス練習
2月3日(月)

合唱コンクールのクラス練習が行われました。
実行委員が作成した歌詞カードを使い、パートリーダーを中心に頑張って練習していました。

3月7日(土)の合唱コンクール当日に向けて、気合十分です。






| 19:19 | 学校からのお知らせ |
北区立中学校生徒海外派遣成果報告会
2月3日 月曜日 赤羽会館において北区立中学校生徒海外派遣成果に
行ってまいりました
本校の生徒3名も 自分たちの分担されたところを
発表していました
半年にわたる研修 海外派遣の成果を十分に発揮した
発表会でした 後半には質疑応答もありました
派遣生の皆さん 研修の成果をぜひ次につなげてください















| 15:00 | 学校からのお知らせ::学校からのお知らせ |
校長先生講話  「三方よし」で温かい人間関係を
2月になりました。2月は「如月」とも言いますが、この時期は寒さが一層増すので、「着物をさらに重ねて着る」という意味から「如月」という説もあります。昔の人は感性が豊かだったのですね。


さて、先日の研究発表会ありがとうございました。北は北海道から長崎、広島、愛知、静岡、福井など全国から250名以上の先生方がお見えになりましたが、生徒の皆さんの授業に臨む姿勢、挨拶など、お褒めの言葉をたくさんいただきました。改めて田端中生の素晴らしさを実感しました。ありがとうございました。
 また、先日、区の連合展覧会も見てきました。代表生徒の作品でしたが、素晴らしい作品ばかりで、日ごろの授業の成果に感動しました。


 さて、昔の近江商人の心得で「三方よし」という言葉があります。「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の三つの「よし」の精神のことを言います。売り手と買い手が共に満足して、さらに「人の役に立つことが商売のありかたである」ということを示した言葉です。
 ここの「三方よし」を現在の「人と人との関係」に置き換えます。「自分よし」「相手よし」「みんなよし」の「三方よし」となります。私たちは、様々な出来事に出会うとき、どうしたらよいかを考え、判断し、行動します。そのとき、「自分もよいし、相手もよい、周りにいる友達やかぞくのみんなにとってもよい」ことなのだろうか、と考えて判断し、行動できたら、日常生活はもっと豊かで温かいものになると思います。例えば、友達同士がけんかをしていた場合、周りの人も気を使って「よし」の気持ちになりません。そのけんかをあなたが仲裁した場合、止められた友達もうれしいし、周りの人もぎくしゃくした感じではなくなるので、「よし」の気持ちになると思います。
 「三方よし」の行動によっていじめもなくなります。いじめは、誰も「よし」とはならないからです。「周り」はすぐにいじめに気が付き、止めることもできます。
 「三方よし」は、温かい人間関係を作るうえで重要な言葉です。自分と相手だけではなく、周りにも気を配れる心遣いを大切にしてほしいと思っています。

特に三年生は、進路がすでに決まっている人もいると思いますが、周りに気を配ることは、とても大切になってきます。よろしくお願いいたします。
| 13:45 | 学校からのお知らせ |
1学年 学年集会
全校朝礼後に、1学年集会を行いました。

内容としては、改めて一つ一つのルールの確認や今後行われる合唱コンクールについて話がありました。






| 13:44 | 学校からのお知らせ |
全校朝礼
全校朝礼がありました。


校長先生より先日の研究発表会での姿勢や態度、北区連合展覧会の作品についても

とても素晴らしかったという話がありました。

その後、合唱コンクール実行委員長より今年の合唱コンクールに対してのお知らせやお願いがありました。




| 13:40 | 学校からのお知らせ |
<<前の5件 | 1 | 2 | 次の5件>>
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ