≪ 前の月 2020年04月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

学習支援サイトの詳細
学校からの課題にもそろそろ飽きてしまった、もう終わってやることがないという生徒もたくさんいることと思います。

自宅学習を支援するために、さまざまな学習サイトが立ち上げられています。いくつかを紹介しますので、ぜひ生徒の皆さんに取り組んでほしいと思います。

【全学年対象】
 東京ベーシック・ドリル(電子版)/(プリント教材) 東京都教育委員会

東京ベーシックドリル
「東京ベーシック・ドリル」は、小学校第1学年から中学校第1学年までの国語・算数・ 数学、小学校第3、4学年の社会・理科、中学校第1学年の英語の基礎的な学習内容を身に付けるためのドリルです。
 このドリルを使えば、小学校の時につまずいたままになってしまった学習内容に戻って学びなおすことができます。まず初めに使い方を見てみましょう。
東京ベーシックドリル 使い方


 中学校における学習支援コンテンツ 文部科学省

中学校における学習支援コンテンツ

 文部科学省のHPには、教科ごとに活用できるリンク集がまとめられています。
 最初に各教科の「工夫例」を読んでください。「続きはこちら」をクリックすれば全部が見られます。大人の書いた文章なのでちょっと難しく感じると思いますが、どんなめあてなのかを読み取れば、ねらいを定めて学習することができます。
 教科書の目次と見くらべて、最初のほうのページで学習する内容にあったコンテンツを探してみましょう。


 新型肺炎休校サポート LINEみらい財団
 LINE公式アカウント「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」を開設し、そのアカウント上で、国語・数学・理科・社会の学習動画を無償で提供し、中・高校生の自宅学習を支援します。利用者は、自分の学年や学習進度にあった動画を選び、スマートフォンなどで閲覧することができるようになっていて、臨時休校中の自宅学習の補助教材として活用していただくことが可能です。
 LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。




| 16:48 | 学校からのお知らせ |
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ