≪ 前の月 2018年02月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

始業式 校長あいさつ
自身というものは、自らがつくるもの

人は、時として、些細な事であっても、そのことが失敗であると思ってしまうと、「自身がないので…」ということを、ついつい口に出したり、思い込んでしまうことがあります。皆さんも、今までにこのようなことで、自身をなくしてしまったという経験をしたことがあると思います。
 さて、自身というものは、何だと思いますか。広辞苑には、「自分の能力や価値を確信すること」と記されています。
 言い換えれば、「自分自身を頼ることができること」とも言えます。もし、皆さんが、「自信がないので…」と思い込んでいるのであるならば、それは単に自分自身の心意気(積極的に行おうとする気持ち)が、少し弱いのかもしれません。
 思い当たることは、皆さんにも多かれ少なかれあったのではないかと思います。そんな時には、とにかく「やればできる・必ずできる」と、何事もやってみることが大切です。
 大切なことは、そのことをやっている中で、今この時の、この瞬間を疎かにすることなく、とにかく諦めないでやり遂げることです。そして、やり遂げるためには、自分自身の気持ちをどのようにもち、どのように頑張るかということです。自信というものは、自分自身を頼ることができる能力を培うことにより、不安を払拭することもできます。
 では、どのようにして自らの自身をつくったらよいのでしょうか。それは、日々何事にも「当たり前のことを、当たり前にやる」ということです。この気持ちをもつことで、今まで気付けなかったことに気付けるようになり、見えなかったものが見えるようにもなります。今この時期この瞬間に、やるべきこと、やらなければならないことを、しっかりとやり遂げ、どんな小さな事であっても、成功したという体験を一つ一つ積み重ねていくことが大切なことです。
 新学期です。新しい学年となり、目標をもって、自分自身の可能性を見出すチャンスの時期です。
 自信というものは、自らがつくることにより、自分自身の良い部分に焦点を当てることもでき、自分自身の将来にもつながることができるのです。

 新3年生の皆さんは、最上級生として、田端中学校の顔として、今年一年どうぞよろしくお願いいたします。中学校生活の仕上げとして進路等控えていますが、夢に向かって頑張ってください。
 新2年生の皆さんは、明日の入学式から後輩が入学してきます。田端中学校の良き先輩として、委員会や部活動等で、後輩たちをリードしてください。

 さて、皆さんは、これからどのように田端中学校での生活を過ごすのか。楽しみにしています。

| 10:33 | 学校からのお知らせ |
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ