≪ 前の月 2018年08月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カラスに学ぶ(校長講話)
イソップ寓話の一つに「カラスと水差し」というお話があります。
旅の途中で、のどの渇いたカラスが水差しを見つけて、喜びました。ところが、水差しには少量の水しか入っておらず、どうしてもクチバシが水面に届きません。
 しかし、諦めずに試行錯誤していると、一つの妙案を思いつきました。それは、石を集め、一つ一つクチバシで水差しの中へ落とすという方法でした。
 そうして、クチバシの届く位置まで水面を上昇させることで、カラスは水を飲むことが出来るようになったのです。
 物事は一挙にできることばかりではありません。一度ではうまくいかないこともあると思います。そうした時にも諦めない心を持って、試行錯誤を続けていく先に成功があることを、この話は教えてくれます。
 学習や友達関係、部活動などで行き詰った時には、周りの人たちにアドバイスを求めることも必要です。また「何かほかに方法はないだろうか」と角度を変えてみることで、新たなアイデアが見つかるかもしれません。必ず道はあると信じて、取り組みたいものです。

| 10:11 | 学校からのお知らせ |
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ