≪ 前の月 2020年09月 次の月 ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

3月11日(水)
3月11日(水)
昨日の雲り、雨の空模様とはうってかわって、爽やかな青空、気温も上昇して春めいて来ました。皆さん元気に過ごしていますか。
先程、明日・明後日の生徒登校日のお知らせを掲載いたしました。
3月11日は三年生の校外学習が予定されましたが、今日のような暖かく天候も晴れやかな中で、想い出作りの時間をともに過ごしたかったです。
人生で、幸せな時間は、確率的にいって、誰にも平等に訪れるはずです。今年の緊急な休校の状況下で、中学生の元気な盛りの君達にとって、今一番ストレスを感じているかと思いますが、この時期を皆で乗り越えた先には、きっとそれ以上の大切な想い出深い
時間が待っていることでしょう。そして、忍耐強い自己が芽生え、また一つ成長した自分と出会うことでしょう。

先程、東北地方で地震がありました。9年前の今日、昼過ぎという同じような時刻の地震に、東北地方の方々は心穏やかではないと思います。
9年前、中学校一年生は4歳、三年生でも、まだ小学校に入学する直前のころ、記憶の中に残っていることはどのようなことですか?

過去の状況を記憶し、これからどのように生きていくか、活用していくべきなのかをいつも人は考えていかなければなりません。
9年前の今日、中学校の活動時間の中、東日本大震災の日、各学校では、集団下校対応、学校待機の対 応、中には卒業遠足で校外学習場所で避難所生活を送った学校等々、様々な対応となりました。
今、休校中の状況下で同じような地震が起こった場合、一人一人の行動が大切になってきます。常に危険に対応する敏感な意識と、元々もっている、潜在的危険察知能力(~かもしれない)を保ち、何かが起こった場合、~かもしれないという【想定】を考えて生活しましょう。

東日本大震災でなくなられた方々に黙祷



| 13:23 | 学校からのお知らせ |
記事タイトル一覧はこちら
このページの先頭へ